聞いたことがあるけど「確定申告」って何?

 

こんにちは中畑です!

 

これまでサラリーマンでも節税ができる「特定支出控除」や「医療費控除」について解説をしてきましたが、節税をするために必要な「確定申告」とはそもそも何?という意見をいただきましたので、今回は「確定申告」とは何かについて解説していきます!

 

私がサラリーマンとして働いていた時は、「確定申告」について考えた事もほとんどありませんでした。

「確定申告」とは、経営者や個人事業主のための制度で、自分には関係がないと思い込んでいたからです。

しかし、ファイナンシャルプランナーとして税の知識を身につけてから、あの時「確定申告」について知っていれば、「これだけ払い過ぎている税金が返って来たのか」と思い返すことがあります。

 

今回はそんな、聞いたことはあるが、詳しくは知らない方も多い

「確定申告」について解説させていただきます!

 

確定申告とは

 

そもそも確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間に所得のあった人が、

所得税と復興特別所得税の額を「申告納税」することを指します。

 

一言で伝えると、

昨年稼いだお金から納めるべき税金を計算し、実際に納めることを

「確定申告」と言います。

 

また、確定申告の手続きは原則、翌年の2月16日~3月15日に行います。

ただ、今年の確定申告はコロナの影響で無期限の延長となっています!

まだ昨年度の確定申告を行うことは可能です!

 

サラリーマンの場合は、所属する会社が個人の代わりに支払う税金を給料から源泉徴収されています。給与明細にも記載があるはずです。

しかし、サラリーマンでも経費や様々な税金控除が認められており、会社から毎月源泉徴収されている金額が多すぎるという可能性もあります。

 

確定申告とは、

その納め過ぎた税金の「還付申告」をする手続きのことも指します。

 

確定申告をすれば払い過ぎている分が還付されますが、

手続きをしないと返ってくることはありません、、、

 

手続きをしていないので損をしている方も多いかと思いますので、

自分が確定申告をすべきかどうかは確認をしておくことをオススメします!

 

確定申告が必要な方とは?

 

次のいずれかにあてはまる人は、確定申告をする必要があります。

 

・所得が38万円を超える自営業の人

 

収入から経費を引いた「所得」が38万円を超える自営業者は、確定申告の必要があります。

自営業者とは、自分で店舗経営をしている人のほか、業務委託で仕事をしている人なども含まれます。会社員のように企業に通勤していたとしても、雇用関係を結ばず「業務委託」として報酬をもらっているなら自営業者となります。

ただし、自営業者で売上が38万円を超えていても、経費を差し引いた後の金額が38万円以下であれば確定申告は必要ありません。

 

※会社員が副業で事業を行っている場合、給与所得や退職所得以外の所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。

 

・年金額が一定以上の人

 

公的年金から所得控除の額を引いた後、まだ残額がある場合は確定申告が必要となります。公的年金額が400万円以下で、源泉徴収の対象となっている場合は確定申告は不要です。

 

・年末調整をしていない会社員

 

年収が2,000万円を超える会社員は、勤務先で年末調整をしてもらうことができないため、自分自身で確定申告をしなければなりません。

 

・その年に転職したが、前職分を含まずに年末調整した人

 

前職を退職したのと同じ年に転職をした場合、前職分を含めて年末調整をしてもらうことができます。

しかし、前職の源泉徴収票の交付が遅れたり、提出し忘れたりして、前職分の収入を含めて年末調整をすることができなかった場合は、確定申告が必要となります。

ただし、前職の給与収入と、給与以外の所得の合計が20万円以下の場合、確定申告は不要です。

 

・副業や投資益など、給与以外の所得の合計が年間20万円を超える人

 

副業や投資によって得た利益など、給与以外の所得の合計額が年間20万円を超える場合は、確定申告が必要になります。

ただし、投資については、特定口座で源泉徴収ありにしている場合や、NISA口座で取引している場合、申告の必要はありません。

 

そのほか、ダブルワークをしている人や、会社員としての本業以外にアルバイトなどをして給与をもらっている人のうち、メイン以外の会社の給与収入と、それ以外の所得の合計額が20万円を超えている場合も確定申告が必要となります。

 

以上が確定申告が必要な人です。

また、確定申告は必要な人に対して「確定申告をしてください」といった案内が来るものではなく、申告の必要があるかどうかは、自分自身で見極める必要があります。

うっかり申告漏れをしてしまうとそれが後ほどバレてしまい「追徴課税」と言って納める税金が多くなることがあります。忘れてしまわないよう、自分は確定申告が必要なのか確認しておきましょう。

 

確定申告が必要ない人とは?

 

先ほど挙げた、確定申告が必要な方以外の方については、確定申告の必要はありません。

特別な副業などをしていない、年収2,000万円未満の会社員であれば、基本的に確定申告は不要と考えていいでしょう。

 

なお、「副業はしていないが退職金を受け取った」という場合、退職金から所得税が源泉徴収されているか、そもそも所得税が0円であれば、確定申告は不要となります。それ以外の場合は確定申告をしましょう。

まとめ

 

 

本日のポイント

 

確定申告とは年間の所得に対し、

 いくら税金を払うのかを計算し支払うこと!

 

・サラリーマンの方は確定申告をすることで

 払い過ぎた税金が返ってくることがある!

 

今回は確定申告に詳しくない方に向け解説をしました!

確定申告が必要な人、必要ではない人を紹介しましたが、

次回は、確定申告をした方が得をする人について解説をさせていただきます。

 

これを知らない人は毎年税金を払い過ぎているという事があるかも知れません。

逆に次回のブログを読んでいただくことで、何万円も得をする人がいると思います!

是非楽しみにしていてください!

 

最後に、「確定申告」に関する本をご紹介させていただきます。

シリーズ累計77万部突破! 信頼されて28年! !と

確定申告関連の書籍として 一番売れている定番書です。

 

今年はコロナウイルスの影響で確定申告の締め切りが無期限延長となっています。

昨年度分の確定申告をこれからされる方にとっても、

来年の確定申告のために準備をされたい方にとっても参考になるかと思います!

是非ご参考までにどうぞ!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました